2022年03月16日

【寺尾】地域住民主体のハイブリッド会議

こんにちは。鶴見区の丘エリアにある寺尾地域ケアプラザです。

今回は、寺尾地域ケアプラザのブログでも紹介させていただいた
新しい生活様式に合わせて変化した会議の様子をこちらでも
紹介します!

寺尾地区に住む全ての方にとって生活しやすいまちになるように、
地域住民を中心に、自治会、学校、商店、ケアプラザ、区社協、
行政が一緒に地域のことを考え、活動している
『てらお「福まち」協議会』、通称:福まちさんの会議の様子についてお話します。


コロナのなかでも、地域のために何ができるかを話し合うことが
必要だと、『オンライン会議』を開催してくれています。

ケアプラザ職員もようやく慣れつつあるオンライン会議を
地域の団体さんが導入されているのは本当に珍しいし、
革新的なことだと思いますぴかぴか(新しい)

これまでの会議といえば、集合場所に、時間通りに来れないと
参加ができないイメージでした。

これまでは参加したくてもできなかった様々な理由、、、、
前の予定があり、移動時間を考えると到着できない
子育てをしているので子供を連れていけない
高齢になって山坂をあがって会議場所に行けない

オンライン会議であれば、参加場所を自由に選ぶことができます
さらに、資料についても従来は会議当日に行かなければ共有できなかったものが
オンライン会議ではあれば、パソコンの画面をインターネットを使って
見ることもできるようになりました

DSC00923.JPG


コロナ下では、様々な制限が生じて生活しにくい世の中ですが、
視点を変えると技術革新や生活スタイルの変化によってプラスに
なっている面もあります。

地域がより良く住みやすいまちになるために、
また地域で活動する団体さんの支援をするために、
視点を変え、苦難の状況のなかでもプラスの面に
目を向け実施することが必要だと思います。

福まちさんが、まさに上記のことを実践されています。

このブログをお読みの方のなかに、福まちの活動に
興味を持っていただけた方は、ぜひ寺尾地域ケアプラザに
ご連絡ください電話mail to

福まちは、いつでも、どなたでも地域のことを一緒に考えてくれる方の
ご参加を受け入れてくれますわーい(嬉しい顔)

*********************
社会福祉法人 横浜市社会福祉協議会 
寺尾地域ケアプラザ
〒230-0077
横浜市鶴見区東寺尾6-37-14
電話 045-585-5566
FAX 045-585-5737
担当エリア:東寺尾東台、東寺尾中台、東寺尾北台、北寺尾の一部、獅子ヶ谷ほか
*********************

#コロナ #オンライン会議 #ハイブリッド型 #福まち
続きを読む
posted by 横浜市社協生活支援コーディネーター at 09:00| Comment(0) | 身近なふくし

2022年03月09日

【上白根】移動スーパーが始まった!

 旭区にある上白根地域ケアプラザ周辺は山坂があり、また高齢化も進んでいる地区です。買い物には行きたいけれど、高齢になり足腰が弱ってしまい、この山坂を歩いて遠くまで買い物に行くのは大変です。自宅周辺にお店がない方はバスで買い物に出かけていますが、杖をついて、カートをもってバスに乗り、またステップを降りるのは危険を伴います。
 旭北地区では第4期地域福祉保健計画で買い物支援を1つの柱にして、まちぐるみ福祉推進会議を中心に移動スーパーを検討中でした。取組を進めるために自治会町内会にアンケートを取り、ニーズを確認したところ、移動スーパーを望む自治会が5ヶ所ありました。

ダイエー.JPG

 同時にダイエー鴨居店が移動スーパーを展開したいと、近隣エリアにオファーがありました。初めは地域と企業のニーズが一致するか、心配していました。しかし、直接ダイエーさんと話し合いをしたところ、健康支援、買い物支援、見守り、地域コミュニティの形成などを目指していることがわかりました。その方針は、外出する機会が増えことで足腰が丈夫になり、買い物困難を解消、また地域の集いの場所になることと見守りになるという私たちの目指す地域像にも合致しているため、地域もやってみようと決断することができたと思います。

 グリーンヒル1.png

 グリーンヒルA.JPG



 アンケート結果で希望があった自治会町内会に声を掛けて車を止めて販売する場所探しを始めました。区役所や区社協も協力していただき、公園の使用許可を得て、スタートすることができました。自治会町内会では、チラシを配り、ケアマネからは買い物支援を必要とする方に情報提供してもらいました。今まで買い物に行くことが困難だった人も身近な場所でお買い物ができて、とても喜んでいました。杖やシルバーカーを使いながら公園に来た人も自分の目で品物選びができ、いきいきとされていました。


大原南.JPG

 自治会町内会によってはタープを用意したりテーブルを準備したりして、ちょっと休憩ができるような居場所作りをされているところもあります。
 この取組は連合自治会など地区を挙げて協力しています。移動スーパーを始めてよかったことは何より、人と会う機会ができ、「元気だった?久しぶりね。」などお互いに会話が生まれた事です。話ができた事で日頃の情報交換などもできました。これから暖かくなりますから家に閉じ困っていた方もちょっと覗いてみてください。久しぶりの方にお会いできるかもしれません。

エルパ.JPG



大原西.JPG



#旭区 #移動スーパー #地域貢献 #見守り #移動販売




社会福祉法人横浜市社会福祉協議会


横浜市上白根地域ケアプラザ


〒241-0001 横浜市旭区上白根町112


TEL045(951)3967FAX045(951)3971




担当エリア:旭区 旭北地区


中白根1~4丁目 白根5丁目の一部 白根7丁目の一部 


白根8丁目 白根町 上白根1~3丁目 上白根町の一部
続きを読む
posted by 横浜市社協生活支援コーディネーター at 09:00| Comment(0) | 身近なふくし

2022年03月02日

【長津田】ICT活用普及グループ「今からスマホ」

こんにちは!緑区にある長津田地域ケアプラザです。

前回のブログで地域ボランティアの方々よる、高齢者へ向けた「出前スマホ講座」について紹介させていただきました。
その続編として、地域で行われた「出前スマホ講座」の様子をお伝えします。
まずは、出前講座の講師として地区社協で活動されていた3名が中心となりICT活用普及グループ「今からスマホ」というボランティアグループが発足。
以前からケアプラザに、高齢者向けに「スマホ講座」を開催して欲しいと依頼があった自治会へ、令和3年10月29日、参加者12名に向け出前講座を開催しました。

IMG_0637.jpg

内容は、
・地図を見て目的地の経路を調べるひらめき
・カメラの使い方、アルバム保存ひらめき
・インターネットの使い方ひらめき

ボランティア講師3名が、それぞれ役割分担をしながら丁寧に教え、参加者は和気あいあいと学んでいました。
「楽しく学べた」など嬉しい声も挙がり、ボランティア講師の方々もそれを聞いて、がぜんやる気がでたご様子でした。
講座後は、「今からスマホ」メンバーの方が数名の地域の方を誘い、新しく仲間を増やたり、グループの活動紹介や出前講座受付の広報紙を作成したり、積極的にボランティア活動に取組んでいます。

今後も「今からスマホ」の活躍に期待したいです!るんるん


*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*
社会福祉法人 横浜市社会福祉協議会
横浜市長津田地域ケアプラザ
〒226-0027 横浜市緑区長津田2-11-2 
TEL:045-981-7755   FAX:045-981-7575
担当エリア
長津田1~7丁目、長津田町、いぶき野、
長津田みなみ台1~6丁目7丁目一部(8番19~27号・9~32番除く)
*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

続きを読む
posted by 横浜市社協生活支援コーディネーター at 09:00| Comment(0) | 身近なふくし