2021年02月24日

【並木CP】セラバンドを使ったNOBINOBI体操講座を実施しました!

こんにちは。並木地域ケアプラザです。
第一波の緊急事態宣言解除後、筋力低下による転倒やケガなどにより介護保険の申請相談が少しづつ増えてきたことを踏まえ、定期的に自宅でも運動ができるよう筋力維持を目的とした体操を実施しましたexclamation

今回はコロナ禍でも参加をしたいというニーズや運動に対する意識がどのくらいあるのかを図る意味でも単発の実施とし、講師は横浜市スポーツ協会の先生にお願いしました。

今回「セラバンド」というゴム製のトレーニング器具を使用したのですが、自宅でも場所をとらずに使用でき、簡単に行えるという理由で初めて講座に取り入れてみました!

まず初めは椅子に座った状態でセラバンドを使わずに体をほぐすストレッチをします。

1.JPG

2.JPG

次にセラバンドを使用し、腕や脚に負荷をかけながら伸ばしていきます。
セラバンドを使用している時間は30分弱でしたが、日頃運動していないとかなり疲れますふらふらあせあせ(飛び散る汗)

3.JPG

4.JPG

最後に身体を整えるストレッチをして終了です。
全体で1時間の体操でしたが、ほどよく疲労感が残りあっという間の講座でしたわーい(嬉しい顔)

5.JPG


参加者アンケートからも「普段動かさない筋肉の運動ができ、身体全体がほぐれました」など、セラバンドを用いた運動による効果を実感していただけた感想をいただきましたぴかぴか(新しい)

また、自宅でセラバンドの運動が継続できるように持ち帰り用として写真入りの体操のやり方をまとめた資料の配布をしたこともあり、「セラバンドを購入して自宅でも体操を続けていきたいグッド(上向き矢印)」との意見が多かったです。
(※器具はセラバンドに限定せず、伸びる素材のものであれば代用可能)

6.JPG


今後も定期的に行ってほしいとの意見をいただけたため、緊急事態宣言解除後に連続講座を実施できるよう現在準備を進めています。

コロナ禍で今までと同じようにはなかなかできませんが、どんなことが必要でどのようにすれば出来るのか、今後もケアプラザ内で考え、取り組んでまいりたいと思います。


#イベント #催し #ボランティア #講座

***********************************
横浜市並木地域ケアプラザ
住所:横浜市金沢区富岡東2-5-31
電話:045-775-0707
E-mail:namiki@yokohamashakyo.jp 
担当地域:富岡東1〜3丁目1〜9
     並木1丁目・昭和町・鳥浜町・白帆
**********************************
posted by 横浜市社協生活支援コーディネーター at 10:00| 講座・イベントの報告

2021年02月17日

【二ツ橋】わが町に移動スーパーがやってくる!(瀬谷区宮沢地区)

「足腰が弱くなってしまい遠くまで買い物に行けない」
「買った食材や日用品が重たくて持ち帰るのが難しい」
「赤ちゃんを抱えて買い物にいくのは大変」


近年高齢化や子育てなどで日常の買い物に不便を感じる方が増えています。経済産業省では平成26年度の段階で全国に700万人以上の買い物困難者がいると推計しています。

そこで買い物支援として広がりつつあるのが「移動スーパー」
公園や団地、空き地のスペースなど自宅から身近な場所で、実物を確認しながらお買い物ができます。また屋外となるため3密回避で安心してお買い物ができる環境です。
今回は瀬谷区宮沢地区で始まった移動スーパーの取り組みをご紹介します。

瀬谷区宮沢地区では町をあげて、移動スーパーの試みが1月から始まりました。
場所は宮沢町第二公園(通称プール公園)。
公園の広場で販売車から下ろされた食材、日用品がずらりと並んでいます。
IMG_4482.JPG

1.jpg

販売業者は株式会社アリア。地域密着の企業で、瀬谷区の他に旭区や泉区などで地域の要望に合わせた移動販売を行っています。
IMG_0432.jpg

DSCF8700.jpg

宮沢地区ではこの移動スーパーを地区別地域福祉保健計画の取り組みとして企画しました。企画は宮沢地区の連合自治会や民生委員、地区社会福祉協議会などで構成される「宮沢まちづくり推進委員会」にて進められました。
IMG_1818.JPG
(令和元年9月ごろ撮影)

令和元年度地区内の全世帯を対象とした「買い物支援」「交流」をテーマとしたアンケート調査の結果、買い物に不便な地域があることがわかりました。
コロナ禍でしばらく企画が進められませんでしたが、「コロナ禍だからこそ安心して買い物ができる環境づくりを進めたい」との思いから、夏ごろから本格的に検討が始まり1月のトライアル販売を実現することができました。
0001.jpg

宮沢地区では地域と企業がタッグを組んで運営をしています。
推進委員会では公園使用許可の調整や地域住民への丁寧な説明、周知を行ってきました。
また当日は会場設営、荷下ろし、会計補助、買い物かごの消毒などのボランティアをしています。
販売前後でアリアと打ち合わせを行い、売り上げやお客様から希望のあった品目の確認やお買い物しやすいレイアウトの検討等を行い、より地域の希望に沿った取組みへと昇華させています。
44968.jpg

2.png

宮沢の移動スーパーはまだ始まったばかり。「コロナで暗い気持ちだったけど、屋外で安心して人と会えるし明るくなるような取組みだからぜひ続けてほしい」と訪れたお客様の声も。
地域の課題を地域の力で解決しようと、試行錯誤し実現した取組みでした。今後も宮沢地区の活動に要注目です。

今後の販売予定
【日時】
令和3年3月2日㈫11時30分〜12時30分
令和3年3月16日㈫11時30分〜12時30分
【場所】
 宮沢町第二公園(瀬谷区宮沢1-58)
※雨天中止

※一緒に協力してくださるボランティアを絶賛募集中です。お近くの方でご興味がありましたら、ぜひケアプラザまでご連絡ください。

#ボランティア
#移動スーパー #瀬谷区
******************お問い合わせ*******************
 ☆横浜市二ツ橋地域ケアプラザ
  住所:横浜市瀬谷区二ツ橋町83-4(区役所横)
  電話: 045-361-9807

 ★担当エリア
  三ツ境、宮沢、二ツ橋町(相鉄線より南側)
*************************************************
posted by 横浜市社協生活支援コーディネーター at 09:00| Comment(3) | 身近なふくし

2021年02月10日

【二ツ橋第二】新たな選択肢

こんにちは、瀬谷区にある二ツ橋第二地域ケアプラザです。

新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響を受け、
昨年より様々な活動が自粛の方向へ傾き、
当プラザのあるエリアで展開される地域活動も大きな影響を受けています。

そんな中、2020年のユーキャン新語・流行語大賞で、
『オンライン○○』が6位に選ばれたように、
インターネットを活用した取り組みや活動が増えてきています。

インターネットを活用することで、離れた場所にいても会議が出来たり、
3密を避けての研修を開催出来たりと、コロナ禍での生活に急速に広がっています。

そんな『オンライン○○』ですが、実は二ツ橋第二地域ケアプラザでも
少しずつ活用が始まっています。
新型コロナウイルス感染症の影響で、
地域ケアプラザのお部屋の利用も定員が従来の50%になっていますが、
複数の部屋をオンラインでつなぐことで、
定員に余裕をもって地域の会議などが開催されています。

IMG_7204-2.JPG

IMG_731-2.JPG

また、地域で開催されるサロンやコミュニティカフェなどでも、
外出せずにいつもの仲間とお話を楽しむなど、活用が期待されます。

IMG_7307-2.JPG

もちろん実際に人と人が直接会って、表情を見ながらお話ができる環境が
より良いことに変わりはありません。
しかしながら、外出したり集まったりすることに不安がある方、
距離を保った講演を実施したい方には、
これまでにはなかった選択肢になるかもしれません。

人と人とのつながりに、たくさんの選択肢を用意すべく活動中です。

************************
社会福祉法人 横浜市社会福祉協議会
横浜市二ツ橋第二地域ケアプラザ
〒242-0021
横浜市瀬谷区二ツ橋町469 せやまる・ふれあい館1階
電話:045-360-7855
担当エリア:二ツ橋町(相鉄線より北側)、東野、瀬谷1〜3丁目、相沢
************************

#イベント #催し #講座 #ボランティア
posted by 横浜市社協生活支援コーディネーター at 09:00| Comment(0) | 生活支援Coの取組み