2019年11月20日

【二ツ橋第二】空き店舗を活用!〜「プラザあいざわ」開設に向けて〜

瀬谷区相沢地区ではサロンや食事会、配食サービスなど様々な地域活動が展開されています。
しかし、近年高齢化が進み身体状況の変化から以前まで通えていたサロンに参加することが難しい方が増えてきていました。また活動できる拠点が限定されていて、身近に通える拠点がない町内会があります。

平成30年9月、生活支援コーディネーターと相沢地区のサロンを運営するボランティアの方との立ち話から
「既存の拠点から遠方にお住いの方の参加が少なくなってきている」
「住んでいる場所(相沢5丁目)周辺には自治会館や集会所がなく、自分が所属している自治会も他地区の集会所で自治会の会合や老人会を開催している」
「身近に通える拠点が欲しい」
という声をうかがいました。

そこでかねてからコーディネーターが気にかけていた
「数年前に空き店舗となったヤクルトセンターを活用できないか」
と提案したところ、ボランティアの方と意気投合しヤクルトセンター跡地活用の検討を始めました。
大家さんとボランティアの方との顔合わせを行い了解を得て、平成30年12月から約2カ月の間、地域活動と活動場所に関するアンケート調査と、それに伴って開設の検討メンバーの募集を行いました。

外観.jpg

無題.png

アンケート結果から「拠点があったら利用したい」と回答を多く得て、相沢5丁目エリアの拠点利用のニーズが高いことがわかりました。
そして検討にご協力いただけるメンバーも集まり、平成31年4月から具体的な検討を始めました。
検討会は毎月1〜2回程度メンバーで行っています。市内他区の先行事例となっている拠点へ見学しに行きました。

IMG_5677.JPG

当初は拠点があることで地域にどんな効果をもたらすのか、イメージを膨らませてそれに合う名称を検討しました。
決められた名称は「プラザあいざわ」
開設の目的は以下の3つにまとめました。

●地域の誰もが特技を活かすことや、役割を持ち力を発揮できる場所
●拠点にいけば誰かがいて交流できる居場所
●福祉や地域の情報が集まる場所。また自分から情報を発信できる場所。


そして主な事業を以下に絞りました。

●サロン「ひだまり」(週1回2時間程度)
●フリーサロン(ボランティアスタッフ常駐の出入り自由なスペース)
●貸スペース(自治会等の会合、趣味グループの活動場所として貸出し)
●レンタルボックス、ギャラリー
●情報発信(情報ラック、伝言板の設置)


現在は修繕と運営資金について話し合われています。現在のままでは床はコンクリート打ちっぱなしなので床上げをするか、内履きへの履き替えにするか、段差を解消してバリアフリー化するか等を検討しています。修繕や備品購入など必要な開設に必要な資金を調達するために助成金の申請も随時行っています。
また周辺の地域団体(町内会や民生委員児童委員協議会、地区社協)への進捗説明とご意見をうかがう機会を設け、連携・協力関係を築くことを進めています。

IMG_20181029_153541.jpg

190925 あいざわ_190925_0019.jpg

IMG_5869.JPG

「プラザあいざわ」は来年度開所の予定です。新たな相沢地区のランドマークとなるよう、ケアプラザも一緒にお手伝いさせていただきます。
次回二ツ橋第二地域ケアプラザの回でも進捗を報告いたしますので、ご期待ください!

*********************
社会福祉法人 横浜市社会福祉協議会 
横浜市二ツ橋第二地域ケアプラザ
〒242−0021
横浜市瀬谷区二ツ橋町469せやまる・ふれあい館1階
電話1(プッシュホン) 045−360−7855
担当エリア:二ツ橋町(相鉄線より北側)、東野、東野台、瀬谷1〜3丁目、相沢
*********************
#生活支援 #ボランティア
posted by 横浜市社協生活支援コーディネーター at 09:00| Comment(0) | 身近なふくし

2019年11月13日

【麦田】商店会×NPO法人×ケアプラザで地域をにぎやかに!

こんにちは!麦田地域ケアプラザです★

今回は、麦田町の商店会「麦田町発展会」さん、
認定NPO法人「あっちこっち」さんと行ったイベントをご紹介します♪

麦田町発展会の皆様は、地域活性化のため様々なイベントを行っています。
当ケアプラザも活動に協力させて頂き、昨年度からは加盟店を対象に
「認知症サポーター養成講座」も実施しています。
(その他の活動についてはブログフェイスブックをぜひご覧ください!)

そんな麦田町発展会さんが企画するイベントの中で、
子供たちに大人気なのがハロウィンイベント!
町全体がハロウィン一色、200名以上のお子さんが麦田町に集結します★


さらに今年は、認定NPO法人あっちこっちの皆様にも協力して頂くことに。
あっちこっちさんは「アートで人とまちを繋げる」をコンセプトに、
芸術をより身近なものとして幅広く届けていらっしゃいます。
(詳しくはホームページをチェック!)

今回はその活動の一環として、若手アーティストの方々を中心に
「ちょこっとアートプロジェクト」と題し麦田町発展会とコラボ!
プロジェクトの内容は多岐に渡りますが、今回は3つご紹介します。



@キャラクターモニュメントの制作
麦田町発展会のオリジナルキャラクター「ムギーギータ」を、
あっちこっち所属のアーティストさんが新しく制作!
ムギーとギータは発展会の皆様が作った、思い入れのあるキャラクターです。

出来上がった作品がこちら!
mugita.JPG
実はこのムギーとギータ、誰でも運びやすいようにすごく軽く、
分解しやすくできているのです!!アーティストさんの素晴らしい技術に感動…!
現在はケアプラザに展示させて頂いています。



Aハロウィン当日 スタンプラリー&アーティストさんによる生演奏♪
10/31(木)、ハロウィン当日は晴天に恵まれ、
発展会さん主催のハロウィンスタンプラリーを実施!
ケアプラザもスタンプポイントの1つとして参加させて頂き、
たくさんのお子さんで賑やかに★
津ノ国屋材木店さんのガレージでは、
あっちこっち所属のアーティストさんが生演奏を披露。
演奏に合わせて子供たちが歌ったり、踊ったり…♪とっても楽しい雰囲気でした!
DSCN9475.JPG
DSCN9468.JPG
DSCN9509.JPG


B廃材楽器ワークショップ&クリスマスコンサートを開催!
12/14(土)の午前中にはケアプラザにて
津ノ国屋材木店さんの廃材を使った廃材楽器ワークショップを、
午後にはクリスマスコンサートを行います。
あっちこっちアーティストの皆様と、地域のボランティアバンド「ささやきバンド」が
コラボする楽しい演奏会です♪
コンサートは申込不要、無料でご参加可能です。
廃材楽器ワークショップもまだ空きがございますのでぜひご参加ください♪
クリスマスコンサート.pdf


地元を大切にし、地域を明るく豊かにする麦田町発展会のみなさん、
音楽やアートで地域を笑顔にしていらっしゃるあっちこっちのみなさん。

地域住民、商店、企業、NPO…たくさんの方々が行う地域活動を、
ケアプラザは今後も全力で応援していきますぴかぴか(新しい)

*********************
社会福祉法人 横浜市社会福祉協議会 
麦田地域ケアプラザ
〒231−0849
横浜市中区麦田町1-26-2
電話 045−664−6023
担当エリア:麦田町、柏葉、大和町、立野、鷺山、竹之丸、西之谷町、
      本牧緑ヶ丘(139-4、201-9除く)、上野町、妙香寺台、豆口台、
      滝之上(51〜78)、仲尾台、山手町(36〜202、226〜269)
URL: http://www.yokohamashakyo.jp/mugita/
*********************

#イベント #催し #講座 #ボランティア
posted by 横浜市社協生活支援コーディネーター at 09:00| 企業・商店との連携

2019年11月06日

【もえぎ野】送迎車に感謝。食事会に参加できました♪

青葉区のもえぎ野地域ケアプラザです。

若いと言われている青葉区でも、
高齢化はもれなく進んでおり、
地域のイベントに参加できなくなる方が増えてきました。

足腰を丈夫にするための介護予防ももちろん大事ですが、
坂の多いもえぎ野エリアでは、
外出の機会づくりも大切

ひきこもりにならないように...

bbb.png

ということで、
地域のボランティアさんや民生委員さん、自治会の方々が集まって、
地域とつながる
人とつながる
をテーマに、イベントに参加するための送迎手段の検討を始めました。

地域のあちらこちらでデイサービスの送迎車を見るよね。
学童や幼稚園、スイミングスクールの送迎車も見かけるね。
送迎していない時間帯で地域のイベントに協力してもらえないかな。
でも、どこも人手不足って聞くよね。忙しいかな...

そんな言葉をもとに、
送迎の協力をしてもらえるのか、
いろいろな事業所にヒアリングに行きました。


そして先月。
ついに!
地域イベントでの送迎サービスが実現しました!


地域密着型デイサービス&小規模多機能型施設の
3つの事業所のみなさま、
送迎車と運転員のご協力、ありがとうございました黒ハート

P1020777.JPG
↑50人近くの参加があり、ギターアンサンブルを楽しみました♪

P1020795.JPG
↑美しい音色を聞いた後は、お楽しみのお食事タイム!

P1020800.JPG

P1020808.JPG
↑3台の送迎車に分かれて、自宅近くの送迎スポットまで。

「送迎があったので参加できました」
「参加して良かった。楽しかった♪」

との嬉しい声を聞くことができました。

送迎がなかったら、
自分で車を運転して参加していたという声もあり、
高齢ドライバーのリスク軽減にもなったかも!?

man-elderly-car-accident.png

事業所の方からは、
今後も協力できますよ。と心強い言葉も♪

「楽しかった」
「また参加したい」

の声が増えますように♪

そんな思いを胸に、
地域では今月も、話し合いの場をもっています。
応援したい!協力したい!
という方、お待ちしてます♪
posted by 横浜市社協生活支援コーディネーター at 09:00| Comment(0) | 身近なふくし