2019年02月20日

神奈川県立横浜旭陵高等学校ボランティアプロジェクトを紹介!

 こんにちは!上白根地域ケアプラザの生活支援コーディネーターの上野と申します。
 上白根地域ケアプラザは旭区の北側に位置する団地の一階にあります。
 旭区は市内で二番目に高齢化率が高い地域ですが元気なお年寄りが多く、自助、共助で支え合っています。
 しかしながら山坂も多く便利とは言えません。一人暮らしの方も多く、地域の中での繋がりが求められるところです。

第九の写真6.jpg


 よこはま動物園ズーラシアの直ぐそばに神奈川県立横浜旭陵高等学校があります。
 こちらの高等学校は単位制が特徴です。
 その中でも自主活動支援グループがあり、ボランティア活動を35時間すると1単位がもらえます。

 学校近くのひかりが丘地域ケアプラザ、上白根地域ケアプラザと旭区社会福祉協議会がタッグを組んで、地域へのボランティア活動を後押します。先日も地元の自治会でこどもからお年寄りまで公園で美化活動をしながら、炊き出しの訓練をする行事に生徒さんが参加しました。

DSC_0453.JPG

 活動に参加した生徒さんは早朝よりテントはりを手伝ったり、芋煮の野菜を切ったり、またこどもたちと輪投げを楽しんだりと大活躍!参加した皆さんも生徒さんから元気をもらったととても喜ばれていました。

 地域支援を進める大きな味方ができました。今後も活動を拡げて多様な主体の資源をマッチングさせ、地域の活性化と笑顔を増やしたいと思います。


社会福祉法人横浜市社会福祉協議会
横浜市上白根地域ケアプラザ
〒241-0001 横浜市旭区上白根町112
TEL045(951)3967FAX045(951)3971
担当エリア:旭区 中白根 白根 白根町地区

#イベント #催し #講座 #ボランティア #横浜旭陵高  #単位制  #旭区
#公園美化  #自治会
posted by 横浜市社協生活支援コーディネーター at 00:00| Comment(0) | 生活支援Coの取組み

2019年02月13日

【潮田】仲通二丁目自治会 見守り啓発ポスターの取組紹介

横浜市鶴見区にある潮田地域ケアプラザです。

今回は、仲通二丁目自治会で取り組んでいる
「みんなで見守る仲二」ポスター作成の活動をご紹介します。
この活動のきっかけは、仲通二丁目自治会として
平成29年9月より開始した「住民支え合いマップ※」作りでした。

※「住民支え合いマップ」とは…
福祉のまちづくりのために、住民の支えあいの実態を住宅地図に記入して、
地域の困りごと等を見つけ、助け合いの仕組みを考える取組みです。

昨年度は、区社協や区役所も交えた全部で6回の話し合いを経て、
自治会全域の支え合いの状況をマップにまとめました。

nakani_1031_3.JPG

そして今年度、作り上げたマップを活用していくための話し合いの場を
「仲良く元気で助け合う会」と命名。
定期的な話し合いを続けました。

nakani_0829.JPG

nakani_0205_1.jpg

その結果、常に見守り活動に熱心な自治会のみなさんが日頃意識している
「ご近所で心配な方を見守る(気にかける)ときのポイント」をポスターにまとめ、
住民の方が自然に立ち寄る町内近隣の商店や病院等35か所に、
掲示をお願いしていくことになりました。

合言葉は・・・「気づいたときは みんなで声をかけあおう!」
       「何でもなくても、気になったら連絡!」

普段、町で関わり合う方について、「いつもと違う心配ごと」に気が付いたときの連絡先も記載され、
ついにこの2月、ポスターが完成しました!

nakaniposter.png

今後、自治会のみなさんと一緒に町内近辺の商店や病院等に掲示のご協力をお願いしていく予定です。
地域がみんなで気にかけ合う「みんなで見守る仲二」を目指して…活動は続きます!

nakani_0205_2.jpg

*********************
社会福祉法人 横浜市社会福祉協議会 
横浜市潮田地域ケアプラザ
住所:〒230-0048横浜市鶴見区本町通4-171-23
電話:045-507-2929 
担当エリア:
潮田町、仲通、下野谷町、本町通、栄町通1丁目・2丁目
向井町、大東町、朝日町、浜町、安善町、汐入町 小野町
末広町、寛政町、弁天町、扇島
*********************

#イベント #催し #講座 #ボランティア
#見守り #仲通二丁目自治会
posted by 横浜市社協生活支援コーディネーター at 09:00| Comment(0) | 身近なふくし

2019年02月09日

【号外】企業 × 地域ケアプラザ つながる交流会

1月30日(水)、西区福祉活動拠点「フクシア」(西区社会福祉協議会)を会場に
「企業 ×地域ケアプラザ つながる交流会」を開催しました!

CIMG9972B.JPG

この交流会は「横浜の地域のお困りごと解決やまちづくりを盛り上げていくために、
社会貢献に取り組む企業、商店等と地域ケアプラザとの顔の見える関係作り」
を目的に、横浜市ボランティアセンターと、
横浜市社協2層生活支援コーディネーター連絡会の共催で開催しました。
今回は、横浜市ボランティアセンターとの繋がりがある企業さんを
中心にお声かけし、11社にご参加頂きました。
【参加企業】※順不同
 ・アクサ生命保険株式会社
 ・NTTテクノクロス株式会社
 ・キリンビール株式会社
 ・横浜労働者福祉協議会  他7社

まずは、「地域ケアプラザとは」という話からスタート。
また、企業との取り組み事例として、荏田地域ケアプラザ(青葉区)の
「荏田 お困りごとネットワーク」についても紹介。
※荏田 お困りごとネットワークについて、詳しくはコチラ

続いて、参加企業さんによる取り組み紹介・PRタイム
各企業のご参加者より、ご自身の企業についてや、
社会貢献への取り組みについてをご説明頂きました。


休憩をはさみ、後半はワークショップを実施。
「地域のお困りごと解決!あなたならどうする?」というテーマで、
・広報
・空きスペースの活用
・ひとりで外出できない人の支援
・高齢者向け講座企画
・・・の4つから事例をチョイスし、6グループに分かれて
ワールドカフェ方式でアイディアを出し合いました。

CIMG0002.JPG

CIMG0013.JPG

「広報」のテーマグループでは、
行事のチラシ構成についての意見が多く挙がり、
「対象者が絞られていない」
「ターゲットの心に響くキャッチーな言葉が必要!」
「シニアの男性を呼び込むには、“男のロマン”が大切!!」など、
企業の皆さんならではの目線で、多くのご意見を頂きました。

CIMG0018A.JPG

CIMG0014.JPG

また、中には
「ご相談やご依頼がない場合、企業としても(地域に)入り込んで良いのかがわからない」
「(社協・ケアプラザを窓口として)イメージだけでも良いので、声をかけてほしい」
といったお話もありました。

CIMG9997.JPG

最後に、各グループのファシリテーターによる、
ポスターセッションを実施。

CIMG0035A.JPG

普段あまり関わることのない業種の方と意見交換ができた事で、
新しい発見や、違った視点で地域の課題(お困りごと)を見ることができ、
とても良い刺激になりました

今回の交流会をきっかけに、
顔の見える関係性ができたことで、
企業さんと地域ケアプラザで一緒に
地域のお困りごとの解決を始めとした、
誰もが生き生きと暮らせる地域づくり
等について
一緒に考え、取り組んでいければと思います!

*********************
ほら、よこはま は あったかい
社会福祉法人 横浜市社会福祉協議会 
〒231−0062
横浜市中区桜木町1丁目1番地
電話1(プッシュホン) 045−201−2053
 (社会福祉部 施設管理担当)
*********************

#イベント #催し #講座 #ボランティア #企業連携 #CSR
#横浜市社協 #2層生活支援コーディネーター
#アクサ生命保険株式会社  #NTTテクノクロス株式会社
#キリンビール株式会社   #横浜労働者福祉協議会

posted by 横浜市社協生活支援コーディネーター at 09:00| Comment(0) | 企業・商店との連携